食道炎の改善に効果のある胃薬

胸やけや胃の痛み、吐き気や膨満感など胃の不快な症状は様々です。
このような胃の症状がある場合、「食道炎」を起こしているかもしれません。

食道炎とは名前の通り、食道に炎症が起こっている症状の事を言います。
炎症が起こってしまう原因には、胃酸を逆流させない機能が低下している事が挙げられます。
食道部分には下部食道括約筋とい筋肉があり、この筋肉が胃酸が食道に流れ込まないような役割をしているのです。
しかし、加齢などで筋肉の動きが弱まると、弁としての機能が低下し、胃酸が食道に逆流してしまいます。
すると胃酸のダメージで、様々な不快な症状を感じるようになってしまうのです。
特に胃酸が逆流して起こる炎症は、急にウッと吐き気が出たり、胸が焼けるような痛みを感じるケースが多いようです。

胃酸が原因の症状ですので、胃酸の分泌を抑える効果のある胃薬で対処する事ができます。
胃酸を抑える効果がある成分には、ファモチジン・ニザチジン・ラニチジン塩酸塩・ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩が有効です。
これらの成分はドラッグストアでも販売されている、市販の胃薬にも配合されているので、試しやすいでしょう。

ただ、市販の胃薬の中には胃酸の分泌を促すタイプもあります。
胃酸が増えると症状が悪化してしまうので、市販の胃薬を購入する際は、どのような作用があるか必ずチェックする事が大切です。
また、市販の胃薬で改善の効果が見られなかった場合、症状が重かったり、他の病気が隠れているかもしれません。
また、食道炎の中にはウイルス感染により起こるタイプもあります。
ウイルス性のものは胃酸の分泌を抑えただけでは改善しない為、ウイルスを殺菌する薬で治療を行います。

トップページへ