腹部膨満感に効く胃薬

「胃が張っている」・「何だか胃が動いていないような感じがする」といった、胃の膨満感は起こりやすい症状の1つです。
このような腹部の膨満感が起こっている場合、食べ過ぎや胃の働きが弱まっている事が疑われます。

膨満感が長く続くと、食欲不振にも繋がってしまう為、早めに改善しましょう。
市販の胃薬の中には、膨満感に効くものも数多くあります。
膨満感が気になる時は「胃健剤」や、「消化剤」といった胃薬がお勧めです。

胃健剤は生薬で作られているケースが多く、生薬独特の風味や苦みで、胃酸の分泌を促します。
また、体のバランスを整え胃の働き自体を活発にするのが、胃健剤の特徴です。
オウバク、センブリ、ウイキョウなどの生薬が含まれる胃薬は、胃健剤の効果を発揮します。

消化剤は食べ物の消化を早める、酵素を含んだ胃薬です。
暴飲暴食をしてしまうと、消化のスピードが追い付かず、膨満感を感じやすくなってしまいます。
消化を促す成分を配合した胃薬を飲む事で、胃の負担を減らし膨満感を解消します。
消化剤には、リパーゼやヂアスターゼといった、成分が多く含まれているのが特徴です。

腹部の膨満感を感じる時は、胃酸の分泌を促す、胃の働きを活発にする、消化を助ける作用のある胃薬がお勧めです。
市販薬の中には、胃酸の分泌を抑える作用を持つタイプもあります。
胃酸の分泌が少なく膨満感を感じている際に、胃酸を抑えるタイプの市販薬を服用すると、逆効果になってしまう為、注意しましょう。

消化を助ける市販薬は、基本食事の後に服用するものが一般的です。
服用に適したタイミングなどは、パッケージや説明書に必ず記載されているので、自分で判断して飲むのではなく、メーカーの指示に従いましょう。

トップページへ